銀行系と消費者金融系、違いって分かりますか?

キャッシングは申し込んで審査が通れば、限度額まで自由に借入や返済ができるものです。お金は直接窓口で受け取らなくても、銀行振込などで受け取ることが出来ます。コンビニのATMから引き出せたりするので、誰かにキャッシングを知られる心配も少なくなりました。

 

返済も分割でできるので、上手に利用すれば困ったときにとても便利なものです。このキャッシング、利用しようと思ったとき困るのが、どこで申し込みをするかです。大きく分けて銀行系と消費者金融系、信販系などがあり、それぞれサービスの内容も変わってきます。

 

利息ゼロで返済!無利息期間のあるカードローン!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

 

借りるなら、やっぱり銀行系

CMなどで有名な消費者金融系も人気が高いですが、銀行系を選ぶ人も多くいます。銀行系で借りるのは消費者金融系と何が違うのでしょうか。

 

金利の低さ

銀行系を利用する大きなメリットとしてあるのが、金利の低さです。5万円借りても、返すときには金利がついて5万円以上払う必要があります。この金利がキャッシング会社の収入になりますが、返す側としては少しでも低いほうがいいですよね。銀行系の場合、この金利が消費者金融系と比べると低めに設定されています。これは資本の違いによるものですが、金利による収入がメインではないので金利を低く抑えることができます。

 

バツグンの安心感

銀行系には、やはり消費者金融系とは違う安心感を感じるのではないでしょうか。バックがしっかりしているので、何かあったときでもしっかりと対応してもらえるという、心強さがあります。もちろん、消費者金融系も法律に基づいて、安心して借りることが出来ます。しかし、初めての人はやはり銀行系を選ぶ傾向があるようです。メリットを多く感じる銀行系ですが、デメリットはあるんでしょうか。あるとすれば、それは「審査の厳しさ」です。金利が低い分、きちんと返済が出来る人でないと、審査が通ることはありません。嘘の申し込みをするのは問題外ですが、一定の収入がある人なら怖がらずに申し込みをしてみてはどうでしょうか。審査が甘いからと簡単に借入ができるようなところは、後でトラブルが起きるとも限りません。安心・安全にキャッシングを利用するなら、銀行系がおすすめです。

 

  • 会社によってもサービス内容は違う
  • 銀行系のデメリットも把握
  • キャッシング会社を選ぶのは慎重に

 

選ぶのはあなたしだい

銀行系のよさを伝えてきましたが、けして消費者金融系が劣っているわけではありません。サービス内容も充実しているところもあり、内容次第では銀行系に申し込みをするよりもメリットがあることもあります。自分にとってどのキャッシング会社が合っているのか、きちんと把握してから申し込み先を選ぶようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日