即日振込を希望するなら消費者金融で自動審査のスピード融資!

キャッシング利用時には必ず審査があるのですが、審査方法は実は2通りあります。コンピューターによる自動審査と業者のスタッフによる手動の審査です。キャッシングの際には貸付業者は申込者に返済能力があるかをチェックしなければいけません。

 

しかし、チェックするためには年収や信用情報のチェックに加えて本人確認や会社への在籍確認など行わなければならない作業が沢山あります。そのため全てをチェックするのに時間が必要になりますし、何より大変ですからコンピューターでの審査が行われているのです。

 

コンピューターでの審査は素早く精度も高い

キャッシング申し込み者の情報をコンピューターに入力するとスコアが一瞬で回答されます。このスコアをつけるための項目や判断基準はどの消費者金融でも大差がありません。また人が審査する時に比べて圧倒的に早く間違いが少ないという特徴があります。過去の貸付の履歴なども含め総合的にスコアを算出してくれますので審査通過できるかどうか以外に貸付する場合はいくらまで可能かという部分まで回答を得られます。

 

また金利の計算であったり、貸した場合に貸付金の回収できないリスクといった項目もあります。最終的に貸付を行うかどうかについての審査基準は各業者毎に異なりますが、銀行のカードローンはより厳しく消費者金融は比較的審査に通りやすいと言われています。

 

コンピューター審査とスタッフによる審査のあわせ技

基本的に貸付を行うかどうかの判断はコンピューターのスコアによって判断されます。しかし、最終的にコンピューターが出した答えを人がチェックしている場合がほとんどです。当然ながら本人確認などはスタッフが行う必要がありますし、この時に不審な点があったり本人確認がとれないような場合は融資を受けられなくなる可能性もあります。

 

そもそもコンピューターでの審査の時点で融資不可となる人はほとんど居ません。明らかに収入がなく返済の目処が立たないような人や過去に金融トラブルがある人以外、ほとんどの場合で本人確認がうまく取れなかったり電話番号を間違えて記入していたりといった部分で落ちています。こうした部分はとても大切なのでしっかりと行うようにしましょう。

 

特に消費者金融であればコンピューターの回答に加えてほんの少し人のチェックが入ったあとにはすぐに融資が受けられます。銀行のローンの場合は書類のチェックなど厳密に行うことが多いため時間がかかるようです。急いでいる場合は消費者金融を利用した方が良いでしょう。早い時間の申し込みであれば即日融資を受けられます。

 

消費者金融でもなるべく申し込みは早い時間に

これまで消費者金融では融資が早く即日キャッシングが利用できるとしてきました。しかしいくら自動化されていて審査が早いといっても30分程度はかかります。時間ギリギリの申し込みでは間に合わない可能性もありますから早めの申し込みをおすすめします。特に銀行振込を希望する場合は遅くとも14時には申し込みをしないと即日キャッシング利用できない場合があります。

 

14時を過ぎてしまった場合は自動契約機を利用してその場でローンカードを受け取る方法を活用しましょう。自動契約機の営業時間内であればその場でカードを受け取れますし、カードを受け取った後は提携ATMを利用すれば土日祝日でも夜中でもキャッシングを利用できます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日