キャッシングが可能になった後も細心の注意を

キャッシングに興味があり、お金を借りたいと思っても、家族や周囲の人にわからないように借りたいと思う人のほうが多いかもしれません。自分の懐具合に関係するものですから、なるべくならバレないようにしたいものです。まず、キャッシング申し込みの時に注意してほしいのは、申込用紙の「電話記入欄」です。これは自宅の電話ではなく、自分が所持している携帯電話の番号を記入するようにしましょう。固定電話ですと家族が出る場合もありますので、自分だけに繋がる電話番号にしておくのは基本中の基本です。

 

もうひとつのポイントはネット申し込みを利用するということです。キャッシング会社によってはネットから申し込みをすることによって、書類が自宅に送られてこないように手続きをする会社もあります。その場合には本人確認書類を画像で送ることで確認が取れます。ネットを使って画像提出をすれば、他にバレる恐れはありません。ネット申し込みの最大の利点は、契約をすべて自宅のパソコンで行えてしまうということです。電子手続きだけを完了させてしまえば、あとは郵便物が自宅に届くことはありませんので、家族にバレないようにキャッシングの申し込みを行うことができます。

 

別の方法は自動契約機があります。大手キャッシング会社の中には日本全国に設置されている自動契約機を使って申し込みからキャッシュカードの受け取りまで行えますので、もし会社近くに自動契約機があれば、仕事帰りに契約機まで行ってカードだけ受け取り、それからキャッシングするという方法があります。

 

キャッシング利用がバレる原因

これらのポイントを活用してキャッシングが可能になったとしても、利用履歴が家族や周囲の人にわかってしまう恐れがあるので注意してください。バレるひとつの原因として、利用明細を家族が見てしまうというケースです。そのため、明細を自宅に送ってこないようにすることが大切です。ほとんどの会社はWEB明細を出力できますし、マイページから明細を印刷することも可能ですから、ネットだけで明細を見て、見たら印刷するか見て終わりにするだけにすると、パソコン画面を後ろから直に見られないかぎり、バレることはありません。

 

通帳を共有している場合は要注意ということも付け加えておきましょう。よくあるのが、指定口座への振込が定期的にあったり、見覚えのない支払履歴からバレるというケースです。夫婦の生活用の銀行通帳を共有しているような場合ですと、パートナーが見たらすぐにわかってしまいますから、銀行通帳を共有している状態でキャッシングの返済を銀行振込で行ってしまわないようにしてください。

 

もし返済をするなら、全国のコンビニに設置してあるATMから返済するようにすると、銀行通帳には記載されませんので安心です。そしてお金を借りたら返済期日は絶対に守りましょう。入金確認が出来ないと督促の電話がすぐにかかってきます。期日を少し過ぎたぐらいでは電話の催促になりますが、それでも返済されないと自宅まで督促状という形で郵便物が届くことになります。郵便物が届いたら、最悪の場合、家族が見てしまって開けられたらアウトということにもなりかねません。

 

ですから、キャッシングをするときには返済計画をきちんとすることです。期日までに返済金額が用意できなければ、キャッシング会社に電話して、返済の相談をすることが大切です。もし不安なら相談先の電話番号がだいたいホームページに掲載されていますから、その電話番号にかけるようにしましょう。返済の件で電話をしたら、本人の無理のない範囲での返済プランをキャッシング会社が提案してくれるかもしれませんので、まずは相談です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日