家族と同居する人は、キャッシング会社からの郵便物に注意!

家計の足しにするため、あるいは急な交際費を補うために、銀行や消費者金融のカードローンによるキャッシングを利用する方が増えています。インターネットの普及に伴い、店舗まで出向かなくてもキャッシングを契約できる会社も多くなりました。その際に注意しなければならないのは、プライバシーです。キャッシング会社と契約すると自宅に郵便物が届きますが、配偶者や子供などの家族と同居している場合は、勝手に郵便物を開封されてしまうおそれがあります。キャッシング会社によっては、「銀行からのお知らせ」など、内容がわからないタイトルで郵便を送ってくれますが、中身を見られてしまっては、このような工夫も役に立ちません。

 

このような郵便物が自宅に届かないようにするためには、ローンカードや契約書など、必要な物品を自宅に郵送しないサービスを利用する必要があります。多くのキャッシング会社では、契約時に「ローンカードを店舗または自動契約機で受け取る」という方法を選択できますし、インターネットで契約して自動契約機で受け取るといったことも可能です。さて、ローンを利用する際には審査が必要となります。即日審査をうたうキャッシング会社であっても、通常は約1時間を要します。事前に準備せずに自動契約機で申し込んだ場合は、その場で1時間待たねばならず、家族や同僚などに不審に思われる心配があります。そこで、先にインターネットで申し込んで、審査完了メールが届いてから自動契約機でローンカードを受け取れば、待ち時間をなくすことができます。

 

キャッシング利用がバレないように注意すべき点

郵便以外にも、注意すべき点があります。皆さんのご家庭では、ご夫婦で銀行口座と預金通帳を共有していないでしょうか。夫婦で共有する銀行口座をキャッシングに用いると、たまたま通帳を見られた際に「やけに入出金が多いけれど、何があったのだろうか?」と、いらぬ心配をかけてしまう可能性があるのです。ご家族にこのような心配をさせないためには、2つの方法が考えられます。まず、通帳を発行しないインターネット専業銀行の口座を開き、そこからキャッシング会社からの借入れと返済を行うことです。もう一つは、コンビニATMを利用するという方法です。現在は多くのATMがキャッシング会社と提携していますから、出勤途中や昼休みなど、空き時間を利用して返済や新規借入れを行うことができます。

 

ただし、ネット銀行やコンビニATMであっても、自宅に明細を郵送してくることがありますから、サービスを利用する前に、郵便物の有無について公式サイトでご確認ください。現在の日本には「総量規制」という制度があり、年収の3分の1を超えるキャッシングは行えないこととなっています。たとえば年収300万円の方であれば、100万円までしか借りられませんし、パートやアルバイトの方であれば、借りられる金額はより少なくなります。

 

ただし、銀行の子会社ではなく、銀行本体が運営するカードローンであれば、この総量規制は適用されません。安定収入を求められますが、専業主婦やパート・アルバイトの方であっても、配偶者に安定収入があれば契約することができます。当然ながら、配偶者の同意を得られることが前提となります。銀行によっては、利用限度額を低めに設定することで配偶者の同意を不要とする、専業主婦の方向けのカードローンを提供しています。代表的な銀行としては、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、イオン銀行のほか、インターネット専業の楽天銀行やソニー銀行などが挙げられます。

 

ここまでご紹介した各サービスを利用すれば、ご家族に知られずにキャッシング・カードローンを契約することができます。ただし、所定の期日までに返済を行わなかった場合は、サービスにかかわらず自宅に郵便物が送られてきますから、あらかじめ現実的な返済計画を立てておくことが重要となります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日