親展のハガキの量に注意!

学生のキャッシング利用も可能なところでは可能です。学生であれ、アルバイトをしているなど、安定した収入があるのならば、利用限度額は低くともキャッシングサービスは利用できます。ですが、もしも親に内緒でキャッシングしていれば、いつ親バレをしてしまうのか、心配や不安を抱えることになります。殆どの場合ではこの心配の多くは杞憂に終わるでしょう。もちろん、正しく利用していれば、に限りますが。

 

まず、審査をするにあたっても携帯電話でのやり取りで済ませてしまうので、実家に発覚されることはまずありえません。また、一人暮らしをしていれば絶対に実家に郵便物は届きませんので、心配をすることは何一つとしてありません。しかし、家族と一緒に実家暮らしをしている場合ならば、親バレを心配しなければなりません。

 

キャッシングサービスを利用すると、たくさんのものが自宅に郵送されるのですが、もちろん、キャッシング会社からの郵送物だとバレないように、会社側はきちんと配慮してくれます。それなのにバレてしまうのは、親ゆえの心配があるからです。キャッシング会社は郵送物に必ず「親展」、「家族であっても本人以外は開けないこと」と注意書きをしてくれているのですが、そんなものが自分の子供に届いていると親は不安に思うものです。プライバシーや何やらという問題もありますが、親にとっては何よりも大事な子供です。何通も何通も親展ハガキが届くということは、普通に生きていればそうそうないことです。しかも、会社名は全く聞いたこともないような所であれば、もしや、子供がおかしなことに巻き込まれているのでは、と疑問に思うのも無理はないとは思いませんか。ついつい、親展と書かれていても、確認してしまうのも親のサガと言えるのではないでしょうか。そこから、親バレに繋がるのです。

 

そして、きちんと親展ハガキも全て自分で受け取るなど、かなりの配慮を払った上で完遂したとしても、実はまだまだ気が抜けないのです。特に、きちんと借りた額の返済を済ませた後であっても、気にしなければならないことがあるのです。企業側からすれば返済期限を守ってくれるお客さんは優良顧客です。また借りてくれればこちら側としても新たな収入になると分かれば、企業は積極的に「また利用してほしい」という旨を伝える勧誘を始めます。

 

具体的には「融資枠の増加」「金利の引き下げ」など、顧客の有利になるようなことを促すのですが、この手段が問題なのです。これらはダイレクトメールで行われるため、親が気付いてしまう可能性が非常に高いのです。ダイレクトメール自体は会社ごとにあるカスタマーサービスに連絡すれば簡単に止められるのですが、気付いて止めようとした時点ではもうすでに親バレ済み、と手遅れになっていることでしょう。以上のようなパターンが、親バレの典型的なパターンです。

 

キャッシングの利用をしていて親バレを防ぐ方法

では、いかにしてそれを防ぐべきか。その手段は初めのうちにしかできませんが、キャッシング会社をきちんと選ぶことです。郵便物が多かったり、ダイレクトメールでの営業を盛んに行うのは、主に中小のキャッシング会社なのです。手順を十分に理解していなかったり、顧客を積極的に増やしたいなど、中小企業ならではの悩みを、積極的な行動で解決しようとしている訳です。もちろん、親バレを危惧する側からすれば迷惑この上ないのですが。

 

では、利用すべき会社はどこにすべきか。それは大手のキャッシング会社に絞ることです。まず大手ならばWEB完結という、WEBで全ての手続きを終えられるサービスを行っているところもあります。契約書や郵便物も一切なし。その上ローンカードも自動契約機で受け取れば、親に知られることを防ぐことができます。実家暮らしの学生ならば、大手を利用することをお勧めします。

 

ただ、実家暮らしだと、パソコンを家族共用しているため、履歴等から知られてしまうことも十分に懸念されます。ですが、大手ならばスマホでの申込みも可能なところは増えています。こちらを利用すれば、親に知られることもそうそうないでしょう。もしも、最新の注意を払うのであれば、外出先で契約してしまう、という手段を取れるのもスマホ利用可能な、大手キャッシング会社の利点と言えるでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日